リモートワークかあちゃんのdiary

日々の業務で使うツールや育児について綴っていきます

ウェブ面談が憂鬱なときのGoogleハングアウト頼み。

昨年度のことである。

年度末の業務面談が、ウェブ面談に移行した。

 

calling911awake.hatenadiary.com

 

 

calling911awake.hatenadiary.com

 iPadが貸与されているので、スカイプやらFaceTimeやらで面談をしたのである。

おばちゃんの悩みはですね、モロに年齢感じる姿が映し出されるわけなんですよ。窓辺で女優ライト状態にして面談するとかあがいてみたりして。で、面談時間まるまる、担当者とスカイプ越しに見つめ合っているわけ。

 

そんなのもう嫌だ。

なので今年は、

 

顔隠してやる!!!!!!

 

冷静に考えてみれば、ビデオ通話は見つめ合うだけが能じゃない。

そこで、Googleハングアウト登場。

support.google.com

ここはスマホiPadのアプリ版じゃなく、あえてパソコンで、Chromeブラウザ立ち上げます。そこから、ハングアウト。(ちなみに私の環境はChromebookなんですけどね。)

f:id:calling911awake:20170912121737p:plain

自分が業務用に使ってるGoogleアカウントでのログインをお忘れなく。

そこから、ビデオハングアウトに進みます。

 

f:id:calling911awake:20170912121856p:plain

ここでお相手の方を招待して、通話を開始。ご挨拶だけは顔出さないと失礼ですからね、ここでは顔か出して挨拶するわけですが、面談です、さっさと本題に入りましょう、ということで、右上ゴソゴソすると、「画面を共有」というありがたいものが。

f:id:calling911awake:20170912121946p:plain

ここからさっさと、自分のパソコンの画面を共有してしまって、

 

顔を隠してPC画面に切り替えてしまいましょう。

 

そこでサクサク、画面共有して、仕事の話。おばちゃんの顔見てるよりお相手だってそのほうがいいはずです。Chromeブラウザたち開けてますからね、GoogleDocsの画面だろうと、Trelloの画面だろうと、サクサク切り替わりますからね。

 

そして終わったら「共有を停止」をポチっすれば、自分の顔に戻りますから、そこで締めの挨拶をして終了、とできるわけです。同時にテキストチャットもできますよ。

 

さあ、気が楽になりましたね。