リモートワークかあちゃんのdiary

日々の業務で使うツールや育児について綴っていきます

Trelloを快適にするために追加したこと

 

calling911awake.hatenadiary.com

 ですとか、

 

calling911awake.hatenadiary.com

 で、我が社はお一人様状態ですのでTrelloさんにお付き合い頂いてお尻をひっぱたいてもらっているわけですが、自宅兼事務所で使っているマシンは、最近すっかりド文系の仕事のみになりましたので、お仕事いただいている先から貸与されているipadと、自前のchromebookがあれば十分という環境。

かなりのデスクワークをchrome上で行うわけですから、chrome extemtionなどを駆使しますと、快適度が増す、というわけです。

 

そこでやったことなのですが、Trello自体は無料プランで使っていますので、追加できるpower-upsはボード一つにつき、一つ。

Get Connected with Trello Power-Ups

いろいろ試してみましたが、仲間とSlackで情報共有することが多いので、power-upsはslackを有効化しました。

info.trello.com

slack側からもTrelloと紐付けして、slack上からTrelloを操作したり、通知したりする機能はあるのですが、Trello側からの紐付けですとカード上にSlackアイコンが出て、slackの会話をカードに追加できたりなんかするようになりますので、文系さんにはこちらのほうが使いやすいかなと思います。

 

chrome extentionで追加したのは、こちら。

chrome.google.com

さっとガントチャートを表示できるようになります。

 

chrome.google.com

エクセルでデータを取り出して加工したいときに便利です。

 

Trelloやslack上でタイムトラッキングをしたいときには、

chrome.google.com

これもなかなかお役立ちだと思いますよ。

作業を管理するためにワンシーズン使ってみたTrelloですが、スマホアプリを外出先で、デスクワーク時はブラウザで使えますので、外出先の仕事での報告事項をコメント欄にポンポン書き込み、デスクに戻ってから報告書にコピペという使い方も出来るかと思います。

 

また、ボード間をまたいでカードを引き継ぐことができますので、昨シーズン業務をカード上に残したまま、次のシーズン業務のリストにお引っ越しして、昨シーズン業務の流れを確認しながら仕事する、なんてことも可能。付箋を張り替えて作業管理する感覚で使い始めたものでしたが、使っていくうちに、カード式のデータベースのような働きをしてくれるようになり、いい相棒となっています。