読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リモートワークかあちゃんのdiary

日々の業務で使うツールや育児について綴っていきます

iPadをディスプレイ、iPod touch(iPhone)をリモコンとしてKeynoteでプレゼンするには

iPad

目新しくはないのですが、その分ちょっと忘れられてる?機能です。これ結構、対面の狭い会場でのプレゼンテーションに便利に使えますよ。

iPadiPod touch(iPhone)を同じwifiに繋ぎます。(その時に、どちらもBluetoothをオンにしておく。)

iPadで、Keynoteのプレゼンテーションを開く。右上にあるスパナのアイコンをタップ→「プレゼンテーションツール」をタップ→「リモコンを許可」をタップ

f:id:calling911awake:20170302153000j:image

「Remote を有効にする」をタップしてオンに。

 f:id:calling911awake:20170302153015j:image

iPod touch(iPhone)でKeynoteを開いて、左上にある+の隣のリモコンマークをタップ。すると、こちらはリモコンモードに。

f:id:calling911awake:20170302153031p:image

はじめての時はここでリンクを設定するのですが、iPadの方にリモコンとして使うiPod touch(iPhone)の名前が表示されます。その名前の横にある「リンク」をタップします。両方にパスコードが表示されますので、一致したら「確認」をタップして接続。これはプレゼンテーションの現場に出向く前に済ませておきましょう。2回目以降の接続の方がスムーズですので。

iPadでプレゼンテーションを開き、iPod touch(iPhone)のリモコンが立ち上って準備が出来ると、リモコン側で「再生」がタップ出来るようになりますので、スタートしましょう。

iPadはディスプレイとして働いてくれますので、こちらにはフルスクリーン表示され、リモコン側のiPod touch(iPhone)はリモコン兼発表者ツールとして働いてくれますので、再生中のスライドと発表者ノート、スライド一覧を表示することができます。(リモコン側のレイアウトアイコンに選択可能。)次のスライドに進むには左にスワイプし、前のスライドに戻るには右にスワイプするなどして、手元で原稿見ながら、シャカシャカ。

iPadは完全に相手側に向けてしまっても、自分の手元でモニター出来ますから、なかなか便利ですよ。

広告を非表示にする