リモートワークかあちゃんのdiary

日々の業務で使うツールや育児について綴っていきます

夏休み・・読書感想文

文系出身の私からは信じがたいことなのだが、我が家には、『国語』って教科に苦手意識いっぱいの子どもが二人いる。決して出来ないわけではないし、新聞などは好んで読む。だけど、作文の原稿用紙を渡されて宿題ですよと言われると、

 

 

嫌だ

 

という気持ちが頭の中いっぱいになってしまうようだ。原稿用紙にいきなりでなく、下書きさせて添削に付き合ってあげると、それなりにしっかりしたものをかける子たちだけにもったいない。というか、親としては手がかかる。できるんだから、やれよ!と言いたいところ。

 

嘆いていても仕方ないので、とりあえず、

 

原稿用紙にプレッシャー

 

という状態をなんとかしてあげなきゃならない。そこで毎年夏休みに活躍しているのが、

 

LIGHT,WAY.「iText Pad」
https://appsto.re/jp/TH1-w.i

 

文章作成ツールである。これを子どもたちがすっかり気に入って、作文の下書きに愛用。原稿用紙表示に出来ることと、文字カウントが出来るので、これで自由自在に下書きをさせる。こういったものの良い点は、キーボードなり手書きなりで入力のできる子であれば、紙で書くよりも容易に順序の入れ替えや挿入、削除が可能なこと。iPadに表示されるキーボードが邪魔であれば、bluetoothキーボードをつけてあげれば良い。しかも文字数カウントしてくれるわけだから、原稿用紙表示にした時の行数を確認したうえで、iPadに下書きしたものを安心して原稿用紙に清書するだけである。

 

 

広告を非表示にする

Telegram

Telegram Messenger ってロシア発のメッセージアプリがあるんですけど、使い勝手的はsnapchatとGoogle AlloとLINEを足して割った様な感じで、セキュリティの高さが売り。操作感など結構気に入っているんだけど、なにせおばちゃんだから、周りにTelegram使ってる知り合いなんてまずいない。

最近、「委員長」のステッカーが出てきたりなんかして、奔放さが話題になっているんだけどね・・・

 

奔放なステッカーを送信する相手はいないのだが、botが充実しているので、仕方ないので誰ともつながることなく、お一人様でこんな感じで使っている。

 

f:id:calling911awake:20170729145554p:image

 

たとえば、テレグラム経由でツイッターができる

storebot.me

だとか、LINEでもおなじみのswingmailtはtelegramでも使えるので、自分の中での主要なメールの送受信はこのアプリ上で行える。

storebot.me

仕事のスケジュールが入っているGoogleカレンダーの参照だってOK。

storebot.me

仕事の進捗管理をしているTrelloも連携可能。

storebot.me

ついでに、spotifyの曲検索してそのまま再生だってできちゃう。

storebot.me

 

この手元でのサクサク感がなかなかいいんですけどねえ。。。。

 

広告を非表示にする

付箋と静電気付箋

先日、モバイルホワイトボードと付箋でミーティングしたら、とってもラクでした。

 

付箋の持ち歩きにちょっと困ってたので、古くなったクリアフォルダを付箋の幅に切って、メンディングテープで台紙を留め、シールをペタッ。

 f:id:calling911awake:20170706193435j:image

いい感じ。

 

そうそう、前から欲しかった静電気付箋、やっと買いました。

糊ではなく静電気でくっつき、裏表使えて、ホワイトボードマーカーで書くので消してまた書ける。

ホワイトボードの付箋バージョンね。

f:id:calling911awake:20170706193704j:image

広告を非表示にする

Trelloを快適にするために追加したこと

 

calling911awake.hatenadiary.com

 ですとか、

 

calling911awake.hatenadiary.com

 で、我が社はお一人様状態ですのでTrelloさんにお付き合い頂いてお尻をひっぱたいてもらっているわけですが、自宅兼事務所で使っているマシンは、最近すっかりド文系の仕事のみになりましたので、お仕事いただいている先から貸与されているipadと、自前のchromebookがあれば十分という環境。

かなりのデスクワークをchrome上で行うわけですから、chrome extemtionなどを駆使しますと、快適度が増す、というわけです。

 

そこでやったことなのですが、Trello自体は無料プランで使っていますので、追加できるpower-upsはボード一つにつき、一つ。

Get Connected with Trello Power-Ups

いろいろ試してみましたが、仲間とSlackで情報共有することが多いので、power-upsはslackを有効化しました。

info.trello.com

slack側からもTrelloと紐付けして、slack上からTrelloを操作したり、通知したりする機能はあるのですが、Trello側からの紐付けですとカード上にSlackアイコンが出て、slackの会話をカードに追加できたりなんかするようになりますので、文系さんにはこちらのほうが使いやすいかなと思います。

 

chrome extentionで追加したのは、こちら。

chrome.google.com

さっとガントチャートを表示できるようになります。

 

chrome.google.com

エクセルでデータを取り出して加工したいときに便利です。

 

Trelloやslack上でタイムトラッキングをしたいときには、

chrome.google.com

これもなかなかお役立ちだと思いますよ。

作業を管理するためにワンシーズン使ってみたTrelloですが、スマホアプリを外出先で、デスクワーク時はブラウザで使えますので、外出先の仕事での報告事項をコメント欄にポンポン書き込み、デスクに戻ってから報告書にコピペという使い方も出来るかと思います。

 

また、ボード間をまたいでカードを引き継ぐことができますので、昨シーズン業務をカード上に残したまま、次のシーズン業務のリストにお引っ越しして、昨シーズン業務の流れを確認しながら仕事する、なんてことも可能。付箋を張り替えて作業管理する感覚で使い始めたものでしたが、使っていくうちに、カード式のデータベースのような働きをしてくれるようになり、いい相棒となっています。

Zapier ラクするためなら・・・

我が社はお一人様状態ですので、タスク管理は

trello.com

これ使ってていい感じなんですけど、こういうタスク管理ツールとか、たまには休憩しろよ、とか無駄に時間使ってないか、って声かけてくれるタイムトラッキングツール、

Toggl - Free Time Tracking Software

 

こういうものに踊らされてしまうと本末転倒なので、仕事の少ない時期にまとめて、作業の自動化をしておくわけです。

 

こんな感じですね。

f:id:calling911awake:20170703071859p:plain

zapier.com

無料で結構使えます。

マストドン、ツイッター、ニュースクライアント

繁忙期が終わって、まとまったお休み。

 

OwletLabs LLC「Stella - マストドン / Twitter / ニュース クライアント」
https://appsto.re/jp/qwW62.i

 

これでツイッターマストドンをひとまとめ。

 

f:id:calling911awake:20170627222617p:image

 

それだけじゃなく、RSSも取り込めるの。なので、TEDやら、朝日新聞デジタルやら、子供の学校のブログまでここに集約。

 

f:id:calling911awake:20170627222744p:image

 

タブごとに、それぞれのアカウントのフィードが出てくるの。

 

一箇所で済んで楽ちん。

 

休みでダラダラ〜。

 

ドコモ・バイクシェアを使ってみた

実は駅近育ちです。ですので、自転車デビューは駅から徒歩10分オーバーのところに転居した二十代後半。

 

自宅から目的地まで何がなんでも数キロ自転車走らせるのは性に合わないし、駅まで自転車で行って交通機関に乗り換えても、その駅から帰るとは限らない質なので、自宅に自転車があっても、完全に夫専用になってしまい、乗らないのです。

 

ところが外出仕事をしている最中に、それも違うエリアを一日四カ所回るとか無茶していた日に、このサービスのポスターを見つけてしまいましたもので、月額制だけじゃないしいいかなーと、ウェブで登録してしまいました。

 

ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング

http://www.d-bikeshare.com/

 

保険加入、交通系ICカードが会員証券鍵となる、電動アシスト自転車のシェアサービス。これなら、自宅から目的地まで、何がなんでも自転車で行くなんてことしなくても済みます。しかも借りたポートと、返すポートが別でもOK。これ、駐輪に縛られて必ずそこを経由して帰らなきゃならないのが嫌で自転車が好きじゃなかった私向き。

 

東京の場合、現在の対応は6区。これ、一つの登録で共通で使えるって言うから便利です。用務先は文京区と千代田区が多いのですが、とりあえず、自宅からの便がいい文京区で登録。登録にはdアカウントがあると手っ取り早い。

 

公式サイトから登録を済ませると、マイページができます。

f:id:calling911awake:20170622202520p:image

アプリ入れてもいいんですけど、これをiPhonesafariで開いてホーム画面に追加しておいて、

 

株式会社NTTドコモ「dアカウント設定」
https://appsto.re/jp/8cvR_.i

これを入れておくと、必要なときはtouch IDでさくっとログインできるので使い勝手がいいのかな。

 

登録後、手持ちの交通系ICカードを自転車に付いている端末で紐付けると、鍵として使えます。端末にスタートボタンとカードをタッチで、カシャッと鍵が開く仕組み。

 

返却するときは、ポートに自転車を止め、自転車本体鍵をカシャッと閉めて、端末のエンターキーを押すと、返却表示が出て、返却確認のメールが届いて完了です。

 

うーん、小さい鍵を落としそうな心配しなくていいところが、これまた心地よい。

 

使った金額はマイページで確認。登録のクレジットカード払いです。

f:id:calling911awake:20170622203323p:image

 

歩けるけれども距離がちょっとあり、都営線東京メトロ、都営バスがうまく絡んでくれない移動が文京区内では多かったので、結構快適になりました。

 

ポート自体は駅前とかよりも、区の施設とか学校とかコンビニに多いですから、現地の地理を理解していることが使いこなしのポイントかもしれません。まだちょっと、一見さんやお上りさんには厳しいかなという印象ですが、徐々に拡大すること、期待。