リモートワークかあちゃんのdiary

日々の業務で使うツールや育児について綴っていきます

助っ人さんは3つの端末がつながるBluetoothキーボードだよ

 

 これ買ったんですけどね、3つの端末がBluetoothペアリングできて、ボタン一つで切り替え出来る。

 

ひとつはAir2でノート作成しながら、もうひとつは

 

calling911awake.hatenadiary.com

 にmini4のっけて

ボタン一つでポチポチ、キーボードの接続を切り替え。

いやあ、あはは、これ癖になりそうです。

ウェブ面談が憂鬱なときのGoogleハングアウト頼み。

昨年度のことである。

年度末の業務面談が、ウェブ面談に移行した。

 

calling911awake.hatenadiary.com

 

 

calling911awake.hatenadiary.com

 iPadが貸与されているので、スカイプやらFaceTimeやらで面談をしたのである。

おばちゃんの悩みはですね、モロに年齢感じる姿が映し出されるわけなんですよ。窓辺で女優ライト状態にして面談するとかあがいてみたりして。で、面談時間まるまる、担当者とスカイプ越しに見つめ合っているわけ。

 

そんなのもう嫌だ。

なので今年は、

 

顔隠してやる!!!!!!

 

冷静に考えてみれば、ビデオ通話は見つめ合うだけが能じゃない。

そこで、Googleハングアウト登場。

support.google.com

ここはスマホiPadのアプリ版じゃなく、あえてパソコンで、Chromeブラウザ立ち上げます。そこから、ハングアウト。(ちなみに私の環境はChromebookなんですけどね。)

f:id:calling911awake:20170912121737p:plain

自分が業務用に使ってるGoogleアカウントでのログインをお忘れなく。

そこから、ビデオハングアウトに進みます。

 

f:id:calling911awake:20170912121856p:plain

ここでお相手の方を招待して、通話を開始。ご挨拶だけは顔出さないと失礼ですからね、ここでは顔か出して挨拶するわけですが、面談です、さっさと本題に入りましょう、ということで、右上ゴソゴソすると、「画面を共有」というありがたいものが。

f:id:calling911awake:20170912121946p:plain

ここからさっさと、自分のパソコンの画面を共有してしまって、

 

顔を隠してPC画面に切り替えてしまいましょう。

 

そこでサクサク、画面共有して、仕事の話。おばちゃんの顔見てるよりお相手だってそのほうがいいはずです。Chromeブラウザたち開けてますからね、GoogleDocsの画面だろうと、Trelloの画面だろうと、サクサク切り替わりますからね。

 

そして終わったら「共有を停止」をポチっすれば、自分の顔に戻りますから、そこで締めの挨拶をして終了、とできるわけです。同時にテキストチャットもできますよ。

 

さあ、気が楽になりましたね。

本日の助っ人~イケアの竹製スマホスタンド

http://www.ikea.com/gb/en/products/small-storage-organisers/paper-media-organisers/sigfinn-holder-for-mobile-phone-bamboo-veneer-art-30383059/

 

子供がfireタブレットbluetoothキーボードつないで使うときのためにIKEAで買ったのを、本日のお仕事の時に持ち出して、iPad mini4置いてみたら、とってもいい感じだったわ。

 

f:id:calling911awake:20170908223736j:image

iPadとiPhoneでPDFプレゼンテーション

プレゼンテーションって、プロジェクターやAirPlayでミラーリングするばかりではないのです。

 

対面形式のプレゼンテーションで、iPadをモニターにしてiPhoneでスライド操作して見せるにはkeynoteって秀逸だけど、普段使ってるパワーポイントの原稿を変換する度に体裁崩れて修正する作業があまりにも多いので、

Microtech Corp.「eProjector」
 

eProjector

eProjector

  • Microtech Corp.
  • ビジネス
  • ¥360

 

とうとうこれを入れてしまって、keynoteを引退させた。単にPDFで開くなら無料でいくらでもあるけど、リモート操作にこだわったので、一回きりの課金は決しては惜しくない。

 

パワーポイントだとか、キーノートだとか、ありとあらゆるプレゼンテーションソフトを駆使してプレゼンテーションするよりも、最近はPDFのビューワーにプレゼンテーション機能が搭載されているし、学会発表などでもPDFプレゼンテーション可とする流れもあるようだし。

 

いろいろと試してみたけれど、行き着くところとしては、最近出回っている、PDF用のプレゼンテーションアプリを使うのが快適。これならば、ページめくりの効果をつけたり、ポインター機能を使ったりリモート操作ができたり、プレゼンテーションタイマーがついていたりするし、単にPDFのビューワーでプレゼンテーションしてたら、ページスクロールがダラダラする感覚も解決する。

 

あんちょこなし、画面切り替えなしのPDFプレゼンテーションであれば、前述のMicrotech Corp.「eProjector」iPadiPhoneに。これ、対面モードでも結構使えそう。手っ取り早い系。

 

複数スライド持ち込みだとか、途中でウェブサイトや動画を挟みこむなどの画面切り替えがある場合(私の場合は、これが多い。)は、

 

Edwin Lam「2Screens - プレゼンテーションの専門家」

 をiPadに、
そして、Edwin Lam「2Screens リモコン」

2Screens リモコン

2Screens リモコン

  • Edwin Lam
  • ビジネス
  • ¥240

iPhoneに入れておくのがスッキリした。こちらもiPadをモニターにした対面モードにもOK。それと、AirPlayも対応です。

 

自宅にApple TVないからAirPlay試せないよぉ〜という場合は、FireTV StickやFireタブレットに、Air Receiverというアプリを入れておけば試せます。これ、HDMIアダプター持ってないのに、HDMI対応機器でプレゼンテーションしなきゃならなくなったときの救済方法としても応用可能ですよ。

 

calling911awake.hatenadiary.com

 

 

キーノートやパワーポイントの発表者ノートに該当するあんちょこ部分は、

AdobeAdobe Acrobat Reader: PDFの表示、作成、変換」

 でページごとに注釈をつけておくと、2screens remoteのプレゼンターの手元にしっかりと表示されるので、キーノートのリモート操作時や、パワーポイントの発表者モードと変わらない使い勝手になります。

 

PDFなので、パワーポイントと違ってファイルサイズもコンパクトになる。無料でAdobeのIDを作成しておけば、プレゼンテーション用に注釈付け作業の完了したファイルを、無料のクラウドにまとめておける。勿論、iPadのアプリお得意の『次の方法で開く……』をタップしてPDFプレゼンテーション用のアプリに飛ばすことも簡単にできて快適です。

ROCKETBOOK WAVE

届いた。

ノートタイプのモバイルホワイトボードに使い慣れた頃なのだが、モバイルホワイトボードではない。

 

f:id:calling911awake:20170827185808j:image

 

これに使う筆記具はフリクション

f:id:calling911awake:20170827190141j:image

ショットノートみたいに、専用アプリを使って、書いたノートをデジタル化するツールであることは間違いない。

 

日本語の取説が入っていて、中はこんな感じ。

f:id:calling911awake:20170827185919j:image

 f:id:calling911awake:20170827185931j:image

ノート下部にあるいマークをチェックして撮影すると、そのマークに紐付けられたクラウドドライブやノートアプリに送信される。

賢い。

 

f:id:calling911awake:20170827190110j:image

米国製。

 

使い終わったら、電子レンジにぶち込んで、水を入れたマグカップを表紙の上に載せて、レンジでチンすると、書いたものが消える。

 

エコだけど、無茶。

大真面目に気に入って買ったんだが…

 

https://youtu.be/YnbhLStChMc

 

広告を非表示にする

夏休み・・読書感想文

文系出身の私からは信じがたいことなのだが、我が家には、『国語』って教科に苦手意識いっぱいの子どもが二人いる。決して出来ないわけではないし、新聞などは好んで読む。だけど、作文の原稿用紙を渡されて宿題ですよと言われると、

 

 

嫌だ

 

という気持ちが頭の中いっぱいになってしまうようだ。原稿用紙にいきなりでなく、下書きさせて添削に付き合ってあげると、それなりにしっかりしたものをかける子たちだけにもったいない。というか、親としては手がかかる。できるんだから、やれよ!と言いたいところ。

 

嘆いていても仕方ないので、とりあえず、

 

原稿用紙にプレッシャー

 

という状態をなんとかしてあげなきゃならない。そこで毎年夏休みに活躍しているのが、

 

LIGHT,WAY.「iText Pad」
https://appsto.re/jp/TH1-w.i

 

文章作成ツールである。これを子どもたちがすっかり気に入って、作文の下書きに愛用。原稿用紙表示に出来ることと、文字カウントが出来るので、これで自由自在に下書きをさせる。こういったものの良い点は、キーボードなり手書きなりで入力のできる子であれば、紙で書くよりも容易に順序の入れ替えや挿入、削除が可能なこと。iPadに表示されるキーボードが邪魔であれば、bluetoothキーボードをつけてあげれば良い。しかも文字数カウントしてくれるわけだから、原稿用紙表示にした時の行数を確認したうえで、iPadに下書きしたものを安心して原稿用紙に清書するだけである。

 

 

広告を非表示にする

Telegram

Telegram Messenger ってロシア発のメッセージアプリがあるんですけど、使い勝手的はsnapchatとGoogle AlloとLINEを足して割った様な感じで、セキュリティの高さが売り。操作感など結構気に入っているんだけど、なにせおばちゃんだから、周りにTelegram使ってる知り合いなんてまずいない。

最近、「委員長」のステッカーが出てきたりなんかして、奔放さが話題になっているんだけどね・・・

 

奔放なステッカーを送信する相手はいないのだが、botが充実しているので、仕方ないので誰ともつながることなく、お一人様でこんな感じで使っている。

 

f:id:calling911awake:20170729145554p:image

 

たとえば、テレグラム経由でツイッターができる

storebot.me

だとか、LINEでもおなじみのswingmailtはtelegramでも使えるので、自分の中での主要なメールの送受信はこのアプリ上で行える。

storebot.me

仕事のスケジュールが入っているGoogleカレンダーの参照だってOK。

storebot.me

仕事の進捗管理をしているTrelloも連携可能。

storebot.me

ついでに、spotifyの曲検索してそのまま再生だってできちゃう。

storebot.me

 

この手元でのサクサク感がなかなかいいんですけどねえ。。。。

 

広告を非表示にする